相続・遺言のことなら司法書士法人黒川事務所:行政書士黒川事務所

相続遺言サポートつなぐ

(渋谷相談センター)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(上野相談センター)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(梅田相談センター)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

お気軽にお問合せください

03-6419-7471
営業時間
平日10:00〜20:00
土日10:00〜17:00
祝日休み

相続放棄できないケースや注意事項

相続放棄をする際に、知っておきたいこと

  • 1
    1. 相続放棄をすると預貯金や不動産など、プラスの財産を相続することができなくなる
  • 2
    1. 相続放棄をするなら相続財産を処分してはいけない
  • 3
    1. 次の順位の相続人に相続がまわっていく(新たな相続人がでてくる)
  • 4
    1. 相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申請をする必要がある
  • 5
    1. 相続放棄の撤回はできない

相続放棄ができなくなる代表例

3か月の熟慮期間を経過した場合

相続放棄は、相続人が自己のために相続が始まったことを知ってから3か月以内に行わなければなりません。この期間を経過すると相続放棄ができなくなります。

たとえば、相続財産(債務)があることを知っていたが、相続放棄の手続きを放置していたら3か月経過した場合など。

ただし、例外もあります。

遺産を処分した場合や隠した場合

遺産を処分した場合(債務の返済も含む)や隠した場合も単純承認(相続するという承認)したことになり相続放棄ができなくなります。

【単純承認とみなされる行為】

不動産、動産、その他の財産権の譲渡、家屋の取り壊し、預貯金の解約・払戻債権取立て、遺産分割協議など

相続放棄をする際の注意点

預貯金や不動産などプラスの財産も受け取れない

相続放棄をするということは、亡くなった方の相続財産に対しては最初から相続人ではなかったということになります。

プラス財産があったとしても、相続放棄をすれば、相続することはできません。

放棄をしたら次の相続人に相続の順番が回っていく(新たな相続人がでてくる)

第一順位の相続人が放棄すると、次順位の相続人に、相続がまわっていきます。

借金を相続したくない場合は、順次、次順位の相続人も相続放棄をする必要が出てきます。

相続放棄の撤回はできない

相続放棄の手続きが終わると、手続きを撤回をすることはできません。

プラスの遺産が少なく、マイナスの遺産が多かったので、相続放棄をしたあと、後になってプラスの遺産が多かったということが分かったとしても、相続放棄を撤回するということはできません。

お問合せ・ご相談はこちら

司法書士黒川

司法書士法人黒川事務所
行政書士黒川事務所
代表者 黒川聡史

お電話でのお問合せはこちら

03-6419-7471

受付時間

平日10:00〜20:00 土日10:00~17:00

祝日休み

ご相談内容と曜日によっては担当者がお休みを頂いている場合がございます。

司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(東京上野オフィス)
東京都台東区東上野4丁目6-5
甲祐ビル1階

(大阪梅田オフィス)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

行政書士黒川事務所

(東京渋谷オフィス)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階