相続・遺言のことなら司法書士法人黒川事務所:行政書士黒川事務所

相続遺言サポートつなぐ

(渋谷相談センター)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(上野相談センター)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(梅田相談センター)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

お気軽にお問合せください

03-6419-7471
営業時間
平日10:00〜20:00
土日10:00〜17:00
祝日休み

預貯金を相続した場合の手続きのご案内

ほとんどの方にとって必要となる相続手続きが預貯金の相続手続きです。

被相続人名義の預貯金は、被相続人が亡くなったことを金融機関が把握すると口座が凍結されます。

これは、一部の相続人により勝手に預貯金を引き出すことを防止するためです。

預貯金の相続手続きの必要書類

相続登記に必要な書類
  • 金融機関所定の払い戻し請求書(金融機関備え付け)
  • 被相続人の戸籍(除籍・改製原戸籍)の謄本(出生から死亡までつながるものが全て)
  • 被相続人の預貯金通帳と届出印
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書

次に、下記ケースでは下記書類が追加で必要となります

【遺産分割協議後のケース】

・遺産分割協議書(相続人全員の実印での押印)

【家庭裁判所による調停・審判をした後のケース】

・家庭裁判所の調停調書謄本又は審判書謄本(家庭裁判所から発行して貰えます)

【遺言書に基づいて行うケース】

・遺言書(自筆証書遺言なら検認済みのもの)

全部用意できなくても集められない書類は依頼した司法書士が可能な限り集めてくれますのでご安心ください

預金口座の相続手続きの流れ

相続した預金口座の解約手続きの流れをご説明いたします。

銀行など金融機関に問い合わせ

まずは、金融機関に相続が発生した(預金の名義人が亡くなった)ことを届け出ます。

届け出することにより口座が凍結されます(一部の相続人が勝手に引き出すことはできなくなります)。

金融機関からは、相続届など被相続人の口座を解約するための書類を貰います(郵送・窓口)。

また、残高証明書も発行してもらいましょう。

必要書類を金融機関に提出

被相続人の戸籍謄本一式や相続人の戸籍謄本・印鑑証明書など必要書類一式と相続届を金融機関に提出します。

相続届には相続人全員の署名押印が必要です。

相続人の口座に入金

金融機関にもよりますが、書類提出から1~3週間で入金されます。

代表者に一括して振り込んでもらう方法と相続人別に金額を指定して振り込んでもらう方法があります。

お問合せ・ご相談はこちら

司法書士黒川

司法書士法人黒川事務所
行政書士黒川事務所
代表者 黒川聡史

お電話でのお問合せはこちら

03-6419-7471

受付時間

平日10:00〜20:00 土日10:00~17:00

祝日休み

ご相談内容と曜日によっては担当者がお休みを頂いている場合がございます。

司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(東京上野オフィス)
東京都台東区東上野4丁目6-5
甲祐ビル1階

(大阪梅田オフィス)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

行政書士黒川事務所

(東京渋谷オフィス)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階