相続・遺言のことなら司法書士法人黒川事務所:行政書士黒川事務所

相続遺言サポートつなぐ

(渋谷相談センター)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(上野相談センター)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(梅田相談センター)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

お気軽にお問合せください

03-6419-7471
営業時間
平日10:00〜20:00
土日10:00〜17:00
祝日休み

3ヶ月経過している場合の相続放棄について

3ヶ月後に債権者から書類が届いたら?

3ヶ月経過後に借金があることを知った場合、相続放棄はできるのか?

実は、3ヶ月を経過した場合でも、相続放棄申述が受理されるケースもあります。

原則:相続放棄は自分のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内にする必要があります。

相続の開始があったことを知ったときとはいつか?

相続開始の原因である事実自分が法律上の相続人となった事実を知ったときになります。

もし、3ヶ月以内に相続放棄をしなかった場合、単純承認したものとみなされます。

単純承認をしたものとみなされた場合、不動産や預貯金のみならず、借金があればそれも含めて相続してしまいます。

しかし、特別な事情がある場合には、例外的に亡くなってから3ヶ月経過後であっても、相続放棄が認められる場合があります。

たとえば、なにも財産がないと信じていて相続の手続きをしていなかったが、後日債務があることが判明した場合は、債務があると知った時から3か月以内であれば相続放棄が認められる可能性があります。

 

特別な事情とは?
  • 亡くなった方に相続財産が全く存在しないと信じたこと
  • 亡くなった方に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があること
  • 亡くなった方に相続財産が全く存在しないと信じたことについて相当な理由があること

上記3つの事情がある場合には、

通常であれば認識できた時から3ヶ月以内に相続放棄をすれば、認められます。

お問合せ・ご相談はこちら

司法書士黒川

司法書士法人黒川事務所
行政書士黒川事務所
代表者 黒川聡史

お電話でのお問合せはこちら

03-6419-7471

受付時間

平日10:00〜20:00 土日10:00~17:00

祝日休み

ご相談内容と曜日によっては担当者がお休みを頂いている場合がございます。

司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階

(東京上野オフィス)
東京都台東区東上野4丁目6-5
甲祐ビル1階

(大阪梅田オフィス)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階

行政書士黒川事務所

(東京渋谷オフィス)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階